検索
  • Deltasports

サッカー選手になりたければ、〇〇をやってみよう!


先日、「ウチの子が通っているサッカー教室、他のスポーツを習わせようとすると反対してくるのよ…」と、知人から相談を受けました。あぁ、日本の運動指導はまだそんなレベルなのかと、悲しくなります。今回は、複数スポーツを実施するメリットについて、記事にしたいと思います。



日本に根付く「単一スポーツ主義」

以前、「メジャースポーツ(専門スポーツ)の早期選択におけるメリット・デメリット」についてお伝えしました。神経系が未発達な幼少期において、単一のスポーツに絞って指導を受けることが、必ずしも正しいとは言えない、という結論です。

しかし現状、日本のスポーツ指導の現場では、「サッカー選手になりたいなら、サッカーだけをやりなさい」という精神や文化が根強く残っています。

スポーツ先進国では、スポーツ指導における文化が大きく違います。一番分かりやすいのは、アメリカのシーズン制です。子どもたちは「夏はサッカー、冬はバスケ、秋は陸上」といった具合に、シーズンによって複数スポーツをかけ持つのが通常です。自分のメジャースポーツを選択するのは、中学生以降です。

子どもたちは「自分はサッカー選手になりたいと思っていたけど、どうやらテニスの方が活躍できるようだ」と、自分の特性を理解する期間や経験を手に入れることができます。


また、複数スポーツを経験することによって、「テニスで培った『横の動き方』が、サッカーのディフェンス時に役に立つ」といった、競技特異性の相乗効果が狙えます。


冒頭の知人の子どもが通うサッカー教室のように、「優秀なアスリートを抱え込みたい」「他のスポーツで変なクセがついたり、怪我をして欲しくない」などの考えを持つ指導者は、現実にいます。あたかも、「君のためだ!」と言わんばかりの言葉を並べますが、そこに正当性はおそらくなく、指導者のエゴである可能性が高いです。要注意ですね。

また、「自分の子どもにバスケをやらせるんだ!」と息巻いているお父さんもよく見かけます。子を持つ親として、気持ちは分からなくもないですが、これもやはり親のエゴですよね。経験をさせるのは良いと思いますが、最終選択は本人にゆだねましょう。



複数スポーツを専攻して成功したアスリート例

幼少期に複数スポーツを経験しているトップアスリートはたくさんいます。ここでは日本でもメジャーなアスリートを2人、ご紹介いたします。

言わずと知れた、バスケットボールのレジェンドです。彼は幼少期、野球とバスケを両立していました。当初、メジャーリーガーになりたかったジョーダンですが、自分は野球よりバスケの方が高いパフォーマンスを発揮できることに気づき、後にバスケに専念します。

彼は歴代のNBA選手の中でも、総資産額が桁違いに高いレジェンドです(2位と倍以上の差をつけての歴代1位)。彼にもし、野球しか選択肢がなかったら、今日のバスケットボール界はなかったでしょうし、彼の総資産額も、あんなに高くなかったことでしょう。

ちなみに彼はNBAを制覇した後、幼少期の夢を追いかけるため、一度NBAを引退してメジャーリーグデビューしましたが、成績が振るわずもう一度NBAに戻ってきて、またNBAを制覇しました。とんでもない才能ですよね…。

今のお父さん世代であれば、彼に憧れて野球を始めた人も少なくないのではないでしょうか。あまり知られていませんが、彼は小学生時代、柔道と野球を両立していました。当時の日本のスポーツ指導環境としては、かなり異例のことだったはずです。

実際に、柔道の先生からは「野球より柔道を先に始めたのだから、野球と柔道が重なった場合は柔道を優先させなさい」と言われていたそうです。

ただ、そう言いたくなるのも納得できます。彼は柔道の大会でも優秀な成績を収めており、石川県の柔道界は彼の将来に大きな期待を寄せていたからです。

しかし、進学する中学校に柔道部がなかったことや、高校生になったら甲子園に出場したいという夢から、中学進学とともに野球に専念することになったのだそう。

柔道で鍛えられた足腰のさばき方が、彼の打球をスタンドに、そして彼自身を甲子園やメジャーの舞台に運んだのかもしれませんね。


他にも、様々なアスリートが、幼少期に複数スポーツを同時専攻しています。こういったケースは、海外では珍しいことではありません。

日本人の例が少ないのは、前述したようなスポーツ指導における日本人らしい文化・精神が原因であり、そういった要因が子どもの選択肢を狭めているのは、残念な事実です。



まとめ


「ウチの子ども、どんなスポーツが向いていますかね?」

これは、よく訊かれる質問です。

もちろん、身体的・精神的特性など、様々な側面からアドバイスはできますが、一番は「やりながら探すこと」です。種目選択においては、身体的な特徴、運動神経の偏りといったものに加えて、本人の好き嫌いや、メンタル的な特徴など、本当に多くの要素が絡みます。

そのため、(無責任に聞こえるかも知れませんが、)こればかりはやってみなければ分からないのです。そのため、やはり複数スポーツを同時に専攻し、子どもに選択してもらうことをオススメします。

デルタスポーツでは、メジャースポーツを選択するその前に、基礎となる運動神経の能力向上を目指しています。スポーツ基礎力を伸ばしておくことで、その子がどのような種目を選択しても活躍できるよう、子どもの夢をかなえるための指導だと自負しています。子どものスポーツ、迷ったらデルタスポーツへ!


#デルタスポーツ#上池袋#子ども#スポーツ#運動教室#基礎スポーツ力#30段階個別トレーニング#コーディネーション#運動神経が良くなる#姿勢#体幹

53回の閲覧
ss.png

デルタスポーツ 北池袋教室
〒170-0012  東京都豊島区上池袋1丁目35-6ヨウコースクウェア上池袋2階

【営業時間】

火~金 15:00~19:00 土 9:00~17:30

電話番号

03-5972-1273

Copyright 2019 Delta Sports All Rights Reserved.